チームでの連携がカギとなります。

チームでの連携がカギとなります。

チームでの連携がカギとなります。