トピックニュース

【TMコーポレーション神奈川】7月1日より水性塗料に全面切り替え

【TMコーポレーション神奈川】7月1日より水性塗料に全面切り替え

いつもTMコーポレーション神奈川をご利用しただきありがとうございます。

TMコーポレーション神奈川は、7月1日(火)より使用する自動車補修用塗料を環境に優しい水性塗料に全面的に切り替えます。

今までの白動車補修用塗料には人体や環境に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物が多く含まれてる有機溶剤(シンナー)が使われていました。

世界中で地球環境汚染が大きな問題となっている現在、この揮発性有機化合物(VOC)の排出規制も厳しくなりつつあります。

この揮発性有機化合物の排出を低減するために、有機溶剤の替わりに次世代の自動車の塗料として注目されているのが無害の水を利用する水性塗料です。

自動車メーカーも、積極的に水性塗料への転換を推進

ヨーロッパでは、すでに世界に先行するかたちで2007年1月の法規制により、溶剤型塗料の使用は禁止され、水性塗料に置き換わりました。

また国内自動車メーカー各社では、積極的に水性塗料への転換を進めており、事実、トヨタ自動車では、水性塗料使用率が100%になりました。

環境と使用する人間にとって優しい水性塗料の導入を推進します

TMコーポレーションでは、業界に先駆け、独自の水性塗料「TMウォーターベース」を開発するなど、グループ一丸となり水性塗料の導入を推進しています。

地球環境への配慮はもちろんですが、水性塗料は臭いが非常に少なく、お客様の立場から見てもとてもメリットがあります。

例えば、修理完了後の納車時にも有機溶剤の匂いがしません。小さなお子様を乗せることが多いお車も安心していただけると思います。

TMコーポレーション神奈川では、今後もお客様に信頼され、喜んでいただける安心・安全な製品、サービスの充実をはかってまいります。

 

トピックニュース